【4915号】▼韓国・台湾・スイス合同協約委員会▲ 青年プログラム開催を目指して

 第2回韓国・台湾・スイス合同協約委員会が10月4日、教団会議室で開催された。開会祈祷の後、新たに委員に加わった郭寛城教師(池袋台湾教会)が自己紹介した。

 続いて、報告事項として、大韓イエス教長老会(PCK)の総会に秋山徹総幹事が出席したこと、合同協約委員会が関係している宣教師の近況や人事などについて報告があった。また、台湾基督長老教会から教団への青年インターンとして胡宜芳さんが派遣され、学生キリスト教友愛会(SCF)を拠点として今年9月から1年間活動する予定であることが報告された。

 青年プログラム派遣としては、アイ・ラブ台湾ミッション(6・7月、台湾各地にて、教団から青年2名参加)、テゼ黙想ツアー(8・9月、スイス・フランスにて、教団から青年5名・台湾基督長老教会から青年17名参加)、宣教協力学校協議会主催の夏期青年台湾スタディツアー(8月、台湾宜蘭県寒溪教会にて、協議会加盟校から中学生1名・高校生5名・大学生2名参加)の報告があった。

 今後の計画としては、台湾エキュメニカル・フォーラムの第1回アジア地区集会が10月11〜14日に東京で開催され、台湾・韓国・香港・フィリピン・ミャンマーからゲストを招く予定であり、協約委員も集会に部分参加することとした。また日韓5教団宣教師関係実務者会議が11月18・19日にソウルで開催される予定である。

 2018年に韓国にて開催予定であったスイス・韓国・日本の三国間青年プログラムは、ホスト国である韓国側で17年に複数の担当者が変更になった後、企画の進展が見られない状況が続いている。今の日韓関係が冷え込んでいる状況の中で青年プログラムを開催する意義は大きいことを考え、次回担当である教団側が実施する可能性も含めて、韓国およびスイスの関係部局に意向を確認することになった。

(佐藤飛文報)

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友