【4910号】夏、子供たち、青年たち、海外へ派遣

★東中国教区 台湾訪問

被災支援のお礼を伝えに

 7月29日〜8月3日、西日本豪雨によって被災した子どもたちが台湾キャンプへ招待された。このキャンプは日本基督教団、東中国教区、YMCAせとうちが協力・連携し実現したものだ。真備から13名、西平島から3名の子ども、スタッフ5名の総勢21名が参加。

 このキャンプの目的は大きく分けて3つ。被災した子どもたちのリフレッシュ、西日本豪雨が発生した際、西平島にボランティアに来てくださった台湾大工さんへのお礼、そして台湾の方々との交流だ。

 二日目は、台湾長老教会(PCT)を訪れ、ボランティアに来てくださった牧師兼大工の方々へ子どもたちが作成した色紙を渡し、歌を披露することができた。

 三日目から台湾の子どもたち(4名+彰化YMCAスタッフ5名)も加わりキャンプ場へ。予想していた通り言語の壁が出てきたが、子どもたちにとってそれは大きな問題ではなかったと思われる。一緒に遊びたいという思いが勝り、様々な方法でコミュニケーションを取ろうとする子どもたちの姿に大人のほうが教えられた。

 時折子どもたちが話す「僕だけ楽しい。お母さんたちも連れて来たかった」という言葉、自分たちへのお土産より家族へのお土産を必死に探すその姿に、災害が起こってから今まで、どれだけのことを我慢し周りを気遣ってきたのかが垣間見えたように思う。

 台湾の方々の温かいもてなしに子どもたちは日に日に笑顔になった。出会ったこともない、海を越えてもなお自分たちのことを覚え祈り行動してくれる方々、自分は一人ではなかったのだと感じさせてくれる方々と実際に出会う機会が与えられたことは、子どもたちにとって大きな支えになったと感じている。この機会を与えてくださった方々、覚え祈ってくださった方々、受け入れてくださった台湾の方々に心から感謝。(伊勢 希報)

 

★日独ユースミッション2019

「創世記」をテーマに様々なプログラム

 日独ユースミッション2019が、7月25日〜8月3日まで行われた。

 今回の日本メンバーは中学2年生から大学1年生まで8名、引率2名だった。現地の受入れ教会はヴィットシュトック・ルピン教区で、特に、教区長のマティアス・プッペ牧師に責任を負ってもらった。

 全体のテーマは「創世記」で、用意されていたのは、創世記1章と2章を2班に分けて創作物を作成することだった。粘土や木の葉等を用いて作品を作り主日礼拝が行われるザンクト・マリーン教会に飾った。2章のアダムとエバがリアリティのある作品となったのが印象深かった。

 また、その後もテーマに沿ったイベントが企画され、両国の環境問題についての討論、長距離のサイクリングとキャンプ、歴史のある礼拝堂で祈りのときなど充実した内容だった。八日目にはベルリン宣教局を訪問、タイレマン氏と交流の機会を持った。旧東ドイツ時代の信仰者としての困難な思い出や、広島・長崎の悲惨を「決して、決して繰り返してはならない」と熱心に語りかけてもらった。

 今回は20代3名のタスクチームを中心に、引率者がアドバイザーとなり準備を進めた。青年たちが生き生きと活躍できる場が与えられたことに感謝する次第である。

 なお、詳細を、フェイスブック上の「UCCJ 日独ユースミッション」に、参加者の声と写真によって載せている。参照願いたい。

(仲 義之報)

 

★I Love Taiwan Mission

主の大家族として主と教会に仕える

 今年も台湾基督長老教会(PCT)青年委員会が主催するI Love Taiwan Mission(ILT)が「神の国の片隅に」というテーマで6月26日から7月13日まで行われた。

 教団は台湾協約委員会を通して2009年から青年を派遣している。今年は高坂若菜さん(いずみ愛泉教会)と下園晴歌さん(経堂緑岡教会)を派遣した。このプログラムは「台湾で」国内外の青年が主の大家族として共に主と教会に仕えることと、多面的な台湾を知ることを目的としている。今年は102名の台湾内外青年(海外8ヶ国から22名)が集まった。

 はじめのオリエンテーションでは、聖書や各トピックについて教授や牧師が話をし、参加者も分野ごとに意見を交した。高坂さんは、「参加者同士が異なる意見でも諦めずに討論し、主体的に問いつづける姿勢に感銘を受けた。そして、聖書も受け身で読むのでなく、なぜ聖書にそう記載があるのか、その背景を問い、学び続けることの大切さを実感した」と言う。

 プログラムのメインは十日間の現地教会における奉仕である。参加者は台湾各地の教会に派遣され教会と地域活動の奉仕をしながら、互いの文化、歴史、料理、踊り、讃美歌を分かち合う。今年は2名ともに原住民教会へ派遣された。パイワン族の教会である長楽教会(屏東県)に派遣された高坂さんは、パイワン族と日本に歴史的にも強いつながりがあることを知り、同時に東日本大震災のボランティア経験者にも出会ったことから、今後パイワン族や日本の歴史について更に認識を深め、東北と屏東の架け橋になりたいと願うようになった。

 またルカイ族の教会である神山教会(屏東県)に派遣された下園さんは、都会では希薄になっている人々のつながりを感じ、社会全体で子どもや高齢者を積極的に支える隣人愛の大切さに改めて気付かされたと言う。

 今年も皆様の祈りと支えに感謝する。(廣中佳実報)

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友