【4903号】荒野の声

 教区総会報告号が続く。伝道地を同じくする教会が集い、主から委ねられた教区の伝道進展のため伝道報告を承認し伝道計画を可決する。▼本紙編集委員たちもこれに同席して取材させてもらう。残念ながら取材者を手配できない教区、取材を許可してもらえない教区もある。ぜひ次はこのような教区も取材が許されるようにと願う。▼委員が取材する場合でも、教区に報告執筆をお願いしなくてはならない場合でも、いずれも会期を共にした者が議されたことを取材し報告する。適切に報告できるよう内容を取捨選択、割愛し字数に収める。▼時間を共有していない者が伝聞で報告記事を書くことは決してない。見て聞いた者が書くのである。それが伝える者の責任で、教会が真剣に話し合っていることを伝えずに噂に躍らされるような紙面では信頼は得ない。▼復活の主にお会いした弟子たちは、主を見た、と熱意と忍耐をもって主が昇天なさった後の時代に福音を伝道した。彼らの言葉は、彼ら、彼女たちのようには主を見ることのない人々の心を打ち魂を砕きキリスト者たちを生み出した。▼全国各地で持たれる伝道会議を伝える責任を改めて心に期する。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友