【4880・81号】《宗教改革500周年記念事業》リフォユース500 ユースカンファレンス青年大会     1000人を超えて集う大会に

 3月21日、青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂を会場に、宗教改革500周年記念事業の最後の行事として、日本基督教団主催の青年大会「リフォユース500ユースカンファレンス」が開催された。

 教派を超えて、教団が加盟しているNCC系、JEA(福音派)系、JPN(ペンテコステ派)系の諸団体にも呼びかけがされた。

 大会当日は、雪交じりというあいにくの天候であったが、教団からの参加者約200名を含む1000人以上の若者を中心とした参加者が集められ、教団主催の青年大会としては稀にみる大規模な大会となった。また、当日の様子はインターネットを通じてライブ配信され、常時100人を超える人たちが視聴した。学食には20を超える協賛団体のブースも用意され、参加者の交流の場ともなった。

 当日のプログラムは礼拝形式で進められた。大会のために青年有志により結成された100人ゴスペルチームによる賛美、関野和寛牧師(日本福音ルーテル教会ルーテル東京教会)、晴佐久昌英神父(カトリック上野・浅草教会)、大嶋重徳牧師(キリスト者学生会KGK総主事)、小林克哉牧師(日本基督教団呉平安教会)という4人の説教者が立てられ、東京山手教会で開催された前夜祭で演奏したクリスチャンバンド「ナイトdeライト」を含めたバンドスタイルによる賛美リードによる会衆賛美が、各説教者の説教の間に捧げられた。礼拝の途中には、クリスチャンバンドである「サルーキ=」の演奏もあり、盛りだくさんの内容で礼拝が捧げられた。

 後日、このような大会の継続の必要性が確認され、準備委員会は解散となった。 (小林信人報)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友