【4866・67号】消息

東 道男氏(千里ニュータウン教会主任担任教師)
17年6月24日逝去、96歳。兵庫県生まれ。45年日本基督教神学専門学校卒業。47年より日本力行、長崎銀屋町、交野、千里ニュータウン教会を牧会。
遺族は、妹・中林正子さん。
浅見文博氏(隠退教師)
17年6月24日逝去、80歳。滋賀県生まれ。60年日本農村神学校卒業。同年より室戸、坂出一粒、今津教会を牧会し、09年隠退。
遺族は、息・浅見覚さん。
小林辰三氏(隠退教師)
17年4月7日逝去、88歳。長野県生まれ。55年東京神学大学大学院卒業。同年より新得、藤枝教会を牧会し、98年隠退。
遺族は、妻・小林絢子さん。

追 悼

内藤留幸先生を送る
石橋秀雄(教団総会議長)

内藤留幸牧師が召され、衝撃を受けました。内藤先生は2007年から2012年まで日本基督教団総幹事の重責を担って下さいました。私が最初に教団議長に選出された時、先生が2年間総幹事としてお支え下さいました。直観で動く私を「石橋君のやりたいようにしたらいい」と言って下さりながら、シッカリと教団の業として整えて下さいました。内藤先生のお支えなしには、議長の重責は担えなかったと感謝しています。
北紀吉牧師(松沢教会)から「内藤先生が入院、病状深刻」との電話をいただき、ただちに病院に見舞いました。「石橋君、キリストが生きているなら教団は大丈夫だよ」と繰り返しお話し下さいました。先生の記憶力は驚異的です。6つの教会で牧会された信徒の名前を全員記憶されておられました。このことは同時に、信徒のためにどれほど祈られたかということを示すものです。
「石橋君、総幹事は教団1722の教会の牧師なんだよ」と語っておられた先生は、大宮教会、越谷教会のことなど話して下さいました。祈られていたことを強く感じさせるものでした。1722の教団教会のために祈り、電話で、手紙で励まして下さいました。
「石橋君、もうここで天国に行ってもいいんだけど、もう少し信徒の友の執筆をしたいな」と話されました。最後まで教団のために働き尽くして下さいました。主が内藤牧師を教団の教師としてお遣わし下さったことを感謝しています。内藤先生と共に歩まれた美智子夫人、お子様たちの上に主の慰めを祈ります。

内藤留幸氏(隠退教師)
17年6月30日逝去、87歳。神奈川県生まれ。58年東京神学大学大学院卒業。同年より高知、善通寺赤門、善通寺、蕃山町、金沢、野方町、高井戸教会を牧会し、日本基督教団事務局に務め、14年隠退。
遺族は、妻・内藤美智子さん。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2017年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友