【4865号】嬉しい悲鳴-ケーキが足りない-教会員1名の教会が沸いた

6月5日教団教区総会議長会を開催した。各教区の議長が、自己紹介を兼ねて教区の報告をしてくださった。東中国教区・大塚忍議長はその報告の中で、教会員1名の総社教会で2名の受洗者と1名の転入会があり、この出来事を教区の喜びとして報告くださった。
早速、総社教会代務者の嵐護牧師に電話して、その様子をお聞きした。総社教会の礼拝は日曜日の午後行われているということであった。総社教会の洗礼式と転入会式に予想を超える参加者があった。岡山県中部地区(8教会)の教会から27名が出席し、コーヒーとケーキが足りないと喜びの悲鳴を上げるほどだったとのこと。27名のうち教師は3名、24名が信徒たちだ。総社教会に受洗者が与えられると聞いて、中部地区の教会の信徒たちが駆け付けた。
洗礼者が与えられた喜びは総社教会だけの喜びではない、中部地区8教会の大きな喜びであり、教区の喜びとなった。
そして、今、総社教会の喜びは教団の喜びとなった。
自分の教会で受洗者が与えられなくても、隣の教会で与えられたことを喜ぶ、地区全体で喜ぶ、教区で喜ぶ、そして、教団で喜ぶ。一つの魂が救われる喜びは、その教会の喜びに留まらない。何よりも「大きな喜びが天にある」(ルカ15章7節)。私は、心躍る思いで総社教会の喜びを聞いた。
(教団総会議長 石橋秀雄)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2018年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友