【4852 ・53号】▼救援対策本部会議▲本部活動終了後について常議員会へ提案

10月17日、39総会期教団救援対策本部としては最後となる第16回(通算第50回)会議を、教団会議室にて開催した。
まず、9月30日現在で、国内募金が10億2701万1590円、海外からの献金が4億811万2041円となっていることが報告された。続いて、救援対策室および担当幹事より、会堂・牧師館等貸付金返済状況(未完済16教会・2幼稚園。総額2億8145万8031円)、被災教会支援コンサート(水戸中央教会にて)・被災地支援コンサート開催、第27回こひつじキャンプ開催、本部会計等の報告がなされた。
被災教区報告として、奥羽教区からは江刺教会新会堂献堂式の予定、教区内被災教会支援会計等が報告された。東北教区からは東日本大震災救援を続けるための募金の継続、2017年度以降のエマオ・いずみの活動計画検討、教区救援特別会計等の報告がなされた。
続いて、「国際青年会議in京都」プレ会議開催報告、および、教団救援対策事業全記録刊行委員会の報告がなされた。
審議事項においては、2016年度教団救援対策本部会計決算見通し、教団救援対策本部活動終了後の対応についての検討、郡山細沼教会敷地の除染対策工事に係る資金援助(290万円)、第40回教団総会における救援対策活動報告準備、ハートフル釜石スタッフ雇用承認、ハートフル釜石日帰りバスツアー支援、米国・日本人特別牧会(SMJ)主催ディスカバリーキャンプ支援(引率者へのお礼)、立川の高齢者施設でのクリスマス・コンサート開催支援等を扱った。
なお、次回(40総会期第1回)本部会議を、11月29日に教団会議室にて開催し、教団救援対策本部活動終了(2017年3月末日)後の被災教会・被災地支援活動等のあり方について検討し、12月に開催される40総会期第1回常議員会に提案することとした。
(雲然俊美報)

  • International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2017年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友