【4576号】宣教協約改訂20周年に当たり 重要課題に取組む台湾協約委員会

第34総会期第一回台湾協約委員会は、三月七日に日本キリスト教会館五階CoC会議室で行われた。
二月四日に開催された今総会期第一回世界宣教協力委員会で選任された、大宮溥氏、李孟哲氏、村山盛芳氏の委員全員が出席、互選によって委員長に大宮氏、書記に村山氏を選出した。
前総会期に台湾協約委員会が、常議員会の下にある委員会から世界宣教協力委員会の内にある委員会に変更になったことにつき、台湾基督長老教会側の理解を得るのに時間がかかり、前回の「日本基督教団と台湾基督長老教会との協約協議会」において認知された後ようやく活動することが出来たが、今期は直ちに組織できたことは感謝である。
今総会期は第十回の「教会協議会」が日本で開催されるため、その準備が重要課題のひとつである。十一月に東京で開催することを台湾基督長老教会側に打診することが決定された。場所は東京付近で、今年は「日本基督教団と台湾基督長老教会との宣教協約」が改定されて二十周年にあたるため、これまでの歩みの評価と将来に対するチャレンジについて協議をする予定である。詳細については、六月中に各教区に送られる要項をご覧いただき、祈って参加者を送り出していただきたいと願っている。
また、今年は台湾基督長老教会の宣教開始百四十周年記念の年であり、六月から夏にかけて多くの行事が予定されている。六月五日には記念式典が開催される。中華人民共和国との関係が微妙なこの時期、台湾基督長老教会の働きが今後も祝福され、平和の器として用いられることをお祈りいただきたい。六月末から七月にかけて三つの青年交流プログラムが台湾でもたれるので、積極的に青年を送り出したいと委員会は願っている。詳細は教団新報などに掲載されるので、ご覧いただきたい。
教団に属する台湾教会の負担金問題も、西東京教区所属の教会以外は未解決で、早急な対応が必要であること、北海教区に派遣される台湾からの宣教師に関しては、まもなく候補者が決定されるとの報告がなされた。
(村山盛芳報)

  • 日本基督教団越谷教会

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友