【June 2018 No.398】Youth Conference Commemorates Reformation’s 500th Anniversary

 The “Reformation for Youth 500 Conference” was held in Tokyo on March 21, preceded by a pre-conference rally the evening before, which was held at Tokyo District’s Yamate Church from 6 to 8 p.m. The audience of 323 enjoyed a live performance of the “Night de Light” (Night of Light) band. The March 21 conference itself was held at Aoyama Gakuin’s Goucher Hall from 1 to 5:30 p.m. Although an exact count was not made, there were more than 1,000 participants from various denominations, including about 200 from the Kyodan. There were four speakers from different denominations, and music was provided by 100 Gospel Singers group, with the conductor also leading the singing of the entire congregation during worship. This conference was sponsored by the Kyodan and was planned and organized by the Reformation for Youth 500 Committee of the 500th Anniversary of the Protestant Reformation Celebration Committee in Kyodan.

 

—Noguchi Yukio, steering committee member

Reformation for Youth 500 Conference

 

VOICES FROM THE ECUMENICAL YOUTH CONFERENCE

My Impression of the Pre-conference Event

 

by Nishino Soichiro, member

Tondabayashi Church, Osaka District

 I attended the Reformation for Youth 500 Conference that was sponsored by the Kyodan as part of its celebration of the 500th Anniversary of the Reformation. When the Christian church fell into various kinds of dysfunction 500 years ago, Martin Luther stood up for reformation. The session was opened by a musical group named “Night de Light,” which means light overcoming darkness. Three out of the four members are from a pastor’s family. This name reflects the dream of Martin Luther. We had a very good time with light conversation from a base of strong faith. The performance was a very interesting discussion of faith and life. The event was very successful because the Lord blessed us with the Holy Spirit.

 This makes us believe in the possibility of faith becoming the light of today’s society, and this gave us heartfelt joy.

 

My Impression of the 100 Gospel Singers Group

 

by Saito Ayumi, member

Sendai Aobaso Church, Tohoku District

 The reason I attended the conference is that Pastor Arai Isaku of Natori Church gave us the information about the Reformation for Youth 500 Conference. I wasn’t sure I could join the 100 Gospel Singers group, because I didn’t have much time to practice, and I didn’t know anyone there. But Pastor Arai suggested that if I was willing to try, I should attend and see how I liked it. And because I wanted to try something new, I agreed. My biggest fear was performing almost without practicing, so a friend of mine introduced me to one of the members, who gave me a video of the songs. I viewed it the night before, while we were staying at the Olympic Center. It made me feel comfortable because there were some songs I knew.

 On the day of the performance, as we were on our way to Aoyama Gakuin, we met another person who was on her way to join the 100 Gospel Singers group, and we were encouraged by becoming one in spirit. I had hoped to join the soprano section, but in order to keep the part balance, I sang alto. With the other singers around me, I could follow the melody, and I could memorize the verses. At the performance, with the help of the other singers and, most of all, with the help of the Lord, I could joyously praise the Lord. I look forward to the next chance to sing the one song we didn’t have time to perform that evening.

 

My Impression of the Messages

by Fujimoto Hiromi, member

Reinanzaka Church, Seinan (southwest) Subdistrict

Tokyo District

 In my opinion, the most memorable part of the message by Kobayashi Katsuya, the pastor of Kure Heian Church, Nishi Chugoku District, was that no matter how small or unimportant we are, God will never forsake us. The most important point is that since God has chosen us, we can depend on him as we continue to live our life of faith. Likewise, Rev. Oshima Shigenori, general secretary of the Kirisutosha Gakusei Kai (Association of Christian Students), said that while it might be easy to express our faith vividly in a meeting like this, we need to ask ourselves whether we can also express our faith in our own church and in our daily lives. In church we tend to compare ourselves to others, and once we step outside our churches, we often end up not even saying that we attend church.

 That caused me to think about how that gap can be closed. Rev. Sekino Kazuhiro, pastor of Japan Evangelical Lutheran Tokyo Church, and Father Harusaku Masahide of Ueno and Asakusa Catholic Church, Tokyo Archdiocese, both said in their messages that by focusing on God, we can move beyond denominational differences and come together. The fact that so many youth could gather and praise the Lord should not only remain a memory and a heartwarming experiences but also should be the chance to begin to share fellowship among youth, including non-Christians. I’m very thankful that, even though we are of different denominations, we can praise the same Lord together. (Tr. JT)

 

 2018年3月20日~21日にかけて、リフォユース500青年大会とその前夜祭が、東京で行われた。3月20日(火)18:00-20:00には、東京山手教会において、ナイトdeラ イト(バンド)ライブ による前夜祭がもたれた。参加者は323名。

 翌21日(水)13:00-17:30に、リフォユース500ユー スカンファレンスが、青山学 院大学ガウチャーホールで開催され、参加者は複数の 教派から1000人以上を数えた。 (大会公式人数。正確な数は把握しきれない)。複数の教派からの4人のメッセージと、100人 ゴスペルを含む特別賛美、賛美 リーダーに導かれての全員賛美による礼 拝であった。

 この大会は、日本基督教団が主催し、企 画・実施は、日本基督教団宗教改革500周年記念 青年大会「リフォユー ス500」実行委員会である。

リフォユース500実行委員 野口幸生

 

リフォユース500青年大会前夜祭感想

西野聡一郎 日本 基督教団富田林教会 教会員

 私は、宗教改革500年を記念して、日本基督教団が他教派に呼びか け開催された、リフォユース500青年大会に参加させていただくことができま した。今から500年前、キリスト教会は様々な機能不全に陥っていました。そこに一石を投じたのが、マルティン・ルターでした。

 前夜祭では、ナイトdeライトという、牧師を家族に持つバンドが出演しました。夜に光をあてる―それはまさに、500年の昔、ルターが目指した理想と同じ夢でした。前夜祭は、強い信仰をもとにしながらも、軽妙なトークと歌で非常に楽しい時を過ごすことができました。信仰と 人生について、面白いトークを行ってくれ、とても心が軽くなりました。今この時も、聖霊を豊かに与えてくださる主がいるからこそ、こ の貴重な式典は成功したと思います。夜まで続いた前夜祭は、信仰が現代社会の文字通り「光」「ライト」となることを予見させ、最高に 熱烈に、楽しませていただくことができました。

 

「100人ゴスペル」

日本基督教団仙台青葉荘教会 斎藤歩麦(さいとうあゆみ)

 3月初旬、教区の青少年担 当の荒井偉作師(名取教会)が春休みの青年イベント情報を共有してくださったのが、リフォユース500に参加するきっかけでした。宿泊申込みの際、「100人ゴスペルに参加するか」という項目があり、興味はありましたが、知り合いが誰も100人ゴスペルに参加しないこと、練習時間も限られるので参加を躊躇しました。しかし荒井先生に「出たら?ま、本人がやりたいかどうかだけどねー。」と言われ、私は元々「色々な所に行って、やってこなかったことをしたい!」と思ったのが今回の参加のきっかけだったことを思い出しました。そこで私は「参加」にチェックをいれました。

 一番不安だったのは、やはり当日ぶっつけに近い状態で本番に臨むことでした。そんな中、前夜祭で再会した関東の友人Aさ んが私の不安を聞き、100人ゴスペルに参加するBさんを紹介してくれました。おかげで私は当日の曲目とその動画を入手。宿泊先のオリ ンピックセンターで寝る前に聞くと、知っている曲もあったので不安だった気持ちは少し楽になりました。当日そのお二人と青山学院大学 へ向かう途中、同じく100人ゴスペルに参加するCさんと出会い意気投合。

 私はソプラノ希望でした が、人数調整でアルトになりました。でも音程はリードのおかげで何 とか取ることができ、また歌詞も周りの方々がフォローしてくれたので拙いながらも大体は覚えることができました。

 そして本番ではとても楽しくのびのびと賛美することができました!何かと不安な 中、最後まで出来たのは周りの方々、更に神様の助けがあったからこそ。神様ありがとう!時間の関係で賛美できなかった一曲は、次の機 会の楽しみにとっておこうと思います。

 

日本基督教団霊南坂教会 藤本浩美

 小林先生の「たとえどんなに弱く小さいものであっても神様は決して見放されることはな い」というメッセージが一番心に残っている。「神様が選んでくださった」という一番大事なことが力強く示され、神様をまっすぐ見据え て信仰を歩みたいと思えた。
大嶋先生が「このような大きな大会に参加するときは生き生きと信仰を表すことができ ても自分の教会にいるときや普段の生活でできているだろうか」とおっしゃっていたこともまさにその通りで、教会にいても自分と他者の 信仰を比べて一喜一憂したり、キリスト教と関わりのない場所へ一歩踏み出すと教会に通っていることを言わないでいたりすることがあ る。そのギャップとどう向き合うかを考えさせられた。

  関野先生、晴佐久神父のメッセージでは「見上げるべきは神様」であることが共通して 語られ、教会や教派の違いを超えて繋がることができるはずだと示された。

 今回、リ フォユースに多くの青年が集められともに神様を賛美できたこということを一時的な感動や思い出として心に留めるのではなく、この出来 事をきっかけとして青年たちとの交流や信仰の分かち合いを深めていきたい。ノンクリスチャンの人たちにも少しでも伝えていきたい。

  私自身はプレカンファレンス(3月10日)や前夜祭、100人ゴ スペルにも参加した。

  プレカン ファレンスでは山口武春牧師より、聖書からの学びの重要さを改めて知り、少しずつではあるが時間があるときには聖書をすすんで読むよ うになった。

  また、全てのプログラムにおいて、これまであまり触れることのなかったワーシップソ ングやクリスチャンバンドの演奏で神様を賛美することができ、新鮮な気持ちになれた。

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友