【February 2018 No.396】Consultation on Missionaries from Korea Convened in Japan

 Representatives of three churches in Korea and two churches in Japan gathered at the Doshisha Biwako Retreat Center in Shiga Prefecture, Nov. 27-28, 2017 for a consultation on missionaries, the fourth such conference. Attendees discussed assignments of missionary personnel who are sent to serve in Kyodan churches from the Presbyterian Church of Korea, the Presbyterian Church in the Republic of Korea, and the Korean Methodist Church. Because of their involvement with the Kyodan through the work of teachers and missionaries, the Korean Christian Church in Japan also participated in this meeting.

 The consultation has previously convened three times in Japan and Korea. Agenda items include confirmation of procedures concerning the sending and receiving of missionaries, reports on the number of missionaries sent and received, and the current status of the missionaries’ work.

 Those attending the Nov. 27-28 meeting included one missionary personnel representative from each of the three Korean churches, KCCJ General Assembly Chairman Kim Jong-Hyun and three other KCCJ pastors, Kyodan General Assembly Secretary Kumoshikari Toshimi and Kyodan Executive Secretary Makoto Kato. Missionary Choi Jang-Soo served as interpreter for the attendees.

 After a review of the contents of previous discussions, reports dealing with the sending and receiving of missionaries were presented, and participants discussed the matter of ongoing assignments. Sometime after 2018 there will be a missionary conference centered on missionaries sent to the Kyodan from these three Korean denominations and the Korean Christian Church in Japan. (Tr. DM)

—Kato Makoto, executive secretary

 

 11月27~28日、第4回韓国3教会と日本2教会の宣教師に関する実務者会議が同志社びわこリト リートセンターにて、開催された。

 これは、大韓イエス教長老会、韓国基督教長老会、基督教大韓監理会の韓国3教団 (教会)から、教団の教会等へ派遣される宣教師の人事に関する諸課題を検討する会議である。また、教団は、在日大韓基督教会との間においても教師や 宣教師の人事交流があることから、同教会もこの会議に加わっている。

 これまで、韓国と日本において3回の会議が開催されており、各教団(教会)における宣教師の派遣および受け入れに関する手続きの確認、派遣宣教師および受入宣教師の数と働きの現状等の報告がなされている。

 今回は韓国3教会より、宣教師人事担当者各1名が出席し、日本からは、在日大韓基督教会から金鐘賢総会長ほか3名、教団から雲然俊美教団書記と加藤誠世界宣教担当幹事が出席した。また、通訳は崔長壽宣教師が担当した。

 会議においては、これまでの協議の内容を確認した後、各教団の宣教師の派遣およ び受け入れの状況の報告がなされ、さらに、継続して検討している課題について協議した。

 2019年以降、韓国3教団及び在日大韓キリスト教会から教団に派遣されている宣教師を中心にした宣教師会議を開催する予定である。

 次回会議はPCKが準備をし、2018年3月8~9日、韓国において開催 される予定である。(「教団新報」より加藤誠まとめ)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友