【December 2017 No.395】Answering God’s Call to Mission in Japan

by Laura Parker, missionary Hirosaki Gakuin Seiai Junior and Senior High School

Greetings from Aomori, Japan! It has now been almost four years since I started serving at Hirosaki Gakuin Seiai Junior and Senior High School, a school affiliated with Hirosaki Gakuin University, a private Christian school. My time here has had its ups and downs, but it continues to be a great joy to serve in Hirosaki and to share the gospel with Japanese youth.

 

I first felt God calling me to Japan when I was in high school. I grew up in the State of Maryland in the eastern United States. I knew nothing about Japanese language and culture, but I had always been curious about the different customs and values of other countries. US high schools require students to study one foreign language, and I thought it would be fun to study Japanese because it is the language that is most different from English. Looking back on it now, I know that this was no coincidence. I believe that this was the first of many events in my life that God used to direct me to Japan. While I thought I would only study Japanese for a semester, God had other plans for me. The more time passed, the more and more I fell in love with the Japanese language and culture. My studies continued and became more serious when I attended Hope College in Holland, Michigan. During this time I became involved in ministry to Japanese students on campus and to Japanese people living in Holland. There were times when I pursued other interests, but in the end I always felt God bringing me back to Japan.

 

After graduation, I felt sure that I loved Japan and that Japan would always have a special place in my heart. I considered coming to Japan as an English teacher because I had also studied English in undergraduate school. However, I wanted to be more involved in sharing the gospel than a full-time teaching job would allow. I made inquires about openings to work as a missionary at a Japanese high school and learned that a position was available at Hirosaki Gakuin Seiai High School. I felt that this was an ideal opportunity for me to use my English language skills while being involved in ministry to Japanese youth. I felt certain that Hirosaki was where God was calling me to be.

 

Hirosaki Gakuin Seiai Junior and Senior High School, where I now serve, is a Christian school founded by missionaries in 1886. Although there are few Christian teachers, the school continues to hold daily chapel services, have Bible classes, and celebrate events on the Christian calendar. At the chapel services, students sing hymns, hear a short sermon, and pray together. This is the first exposure most of the students have to a worship service or to the Bible. Not many students are Christians, but the school gives students the opportunity to hear the Gospel message for the first time and to learn about who God is. Many students keep their Bibles after they graduate and graduate with a positive, nostalgic view of Christianity. I pray that seeds are being planted every day at these services, and that if not now, some day in the future students will come to know Jesus as their savior.

 

My main responsibility at the school is to teach in the English department. Teaching English classes provides me with an excellent way to get to know individual students and to build relationships with them. When talking to students in the classroom, I can learn about their interests and beliefs, which helps me to understand Japanese culture better and how best to share the Gospel with Japanese people. For many students, I am the first foreign Christian they have had a conversation with, and every day I try to find small ways to share God’s love with students, whether that be through giving them positive feedback on an assignment, praying with them, or just listening to what they want to tell me. I know that I am flawed in many ways, but I pray that students can see God’s love shining through me in these daily interactions with them. I pray that God will use the words I say to touch their hearts and to show them how much He loves them.

 

In addition to classes, I also assist with the school’s religion department. I help with a variety of tasks, but my main responsibility is to conduct an English chapel service once a month. At these services, I lead the students in an English hymn, deliver a short message in English with Japanese translation, and pray for the school and students. It is my greatest joy each month to tell students about how God is working in my life and about what Jesus has done for them on the cross. Students and teachers have told me that my talks help them relate to the Bible and are easy for them to understand, for which I am so thankful!

 

Another great joy I have is to teach some girls in a weekly Bible study. Each week a small group of girls comes to chat, sing hymns and praise songs, and read Bible passages together in Japanese and English. This has been a great environment to get to know students, to pray with them, and to look at the Bible more closely with them. Recently, two of these girls have even attended church with me.

 

Serving in a foreign country has been difficult at times, but I am so grateful to God for bringing me to Hirosaki. I am very thankful for this amazing opportunity that God has given me to share His love and to tell the young people in Japan about Jesus. Please continue to keep the teachers and students of Seiai High School in your prayers. Pray that although it becomes more and more difficult to do so, the Gospel message would still be preached. Please pray that God would work powerfully through the school to reach students and their families.

弘前にて 神様に仕えて

キリストにある兄弟姉妹の皆様へ、

 

日本の青森県からご挨拶を申し上げます。現在私は、弘前学院聖愛中学高等学校 にて奉仕を始めてほぼ4年になろうとしています。弘前学院聖愛中学高等学校は、弘前学院大学と同一法人としてつながりを持つ私立のキ リスト教主義学校です。弘前の生活には良い時もそうでないと時もありましたが、この地に招かれて以来、神様に仕え、日本の若者たちと 福音を分かち合うことが大きな喜びとなっております。

 

神様が私を日本に招いて下さることを初めて感じたのは、私が、高校生の頃でし た。アメリカ合衆国東部にあるメリーランド州で育ちましたので、日本語と日本文化については、全く何も知りませんでした。しかし、私 は、異なる他国の習慣や価値観に常に大きな関心を持っておりました。アメリカの高等学校では、通常、外国語を一つ履修すことが義務付 けられており、私は、日本語を学べたら楽しいだろうと思いました。それと言うのも、日本語は英語とは大きく異なる言語であるからで す。振り返って見ますと、これは偶然の事ではなかったことがわかります。これが、神様が私を日本へ導いて下さるために用いて下さった 様々な出来事の中で最初の出来事であったと信じております。日本語を学ぶことは、一学期だけのことになるのではと思うこともありまし たが、神様は私が考える以上の御計画をお持ちでした。時が経つにつれて、私は日本語と日本文化がますます好きになっていったのでし た。この学びは、ミシガン州のホーランド市にある大学、ホープ・カレッジにおいて、さらに継続され、ますます学びの質が深まるように なったのです。この間に、私は、大学キャンパス内での日本人学生たちやホーランド市在住の日本の方々に対するミニストリーにも関わる ようにもなりました。日本語の学び以外にも関心を持った時期もありましたが、最終的に、神様が私を日本と日本語学習に呼び戻して下さ ると常に感じることができていました。

 

大学卒業後、日本が大好きになっていることと、日本が特別な心の中で特別な位 置を持つようになっていることを再度確認して後、私は、学部学生時代に英語も専攻していたこともあり、英語の教師として日本に来るこ とを考えました。しかし、同時に英語の専任教員の立場が許す以上に、福音を分かち合うことに関わりたいとう願いも与えられました。ま もなく、私は、日本の高校で宣教師として働ける場を探し始めたのです。そして、弘前学院聖愛中学高等学校にその場が備えられているこ とを知りました。これは、日本の若者たちのミニストリーに関わると同時に、私の英語の能力を用いる理想的な機会となりました。弘前 が、神様が私を召して下さった場所であることを確信したのです。

 

私が、仕えている弘前学院聖愛中学高等学校は1886年にアメリカの婦人説教師たちによって設立されまし た。キリスト者の教員数は多くはおりませんが、毎朝礼拝がささげられ、聖書の授業がおこなわれ、教会暦にしたがって諸行事が祝われて おります。朝の礼拝では、生徒たちは、賛美歌を歌い、短いながら説教を聞き、共に祈りをささげます。この礼拝が、ほとんどぼ生徒たち が初めて礼拝や聖書に触れる機会となります。生徒たちの中には、キリスト者は多くありませんが、学校が福音のメッセージを聞き、神様 がどのような方であるかを初めて知る機会を提供する場となっております。生徒たちの多くは、卒業後も、聖書を手放すことはありません し、聖書は、キリスト教について肯定的な思いや、学校生活に懐かしさをつないでくれる大切なものとなっています。朝の礼拝にて日々、 福音の種がまかれ、たとえ今はそうでないかもしれないれど、将来、いつの日にか、イエス様を救い主として受け入れる方がおこされるこ とを祈っています。

 

学校における私の職務の主なものは、英語科の教員として教壇に立つことです。 英語の授業を担当することによって、生徒一人ひとりをよく知ることができ、良き関係を築くことができるようになります。教室で生徒た ちに語りかけることによって、生徒たちの関心や信念として持っている考え方を知ることができるようになります。これによって、私は、 日本の文化をより深く知り、日本の方々と、どうするれば共に福音に預かれるかを知ることに役立っております。多くの生徒たちにとっ て、私が、直接話す経験を持つ初めての外国人キリスト者です。毎日、生徒たちと神様の愛を分かち合う小さな方法を探そうと心がけてい ます。それが、宿題について肯定的な言葉を返してあげることでも、共に祈りあうことでも、さらには、生徒たちが私に伝えたいことに耳 を傾けることであってもです。私は、自分自身が多くの点で欠けの多い者であることに気づかされておりますが、それにもかかわらず生徒 たちとの日々の交わりの中で、神様の愛が輝くのを見ることができております。私が語る言葉を神様が用いて下さり、皆様の心に触れて下 さること、また神様がどれほど私たちを愛しておられるかの示して下さるようにと祈っております。

 

通常の授業の他に、私は、校内の宗教部の仕事を任せらております。様々な仕事 を担当しておりますが、主な責任は、月に一度英語礼拝を担当することです。英語礼拝では、共に英語で賛美歌を歌い、日本語訳付きです が、英語で短く説教をし、学校と生徒たちのために祈りをささげます。毎月、生徒たちに神様の私の人生にどのように働いて下さっておら れるのか、また、イエス様が私たちのために十字架の上でなされたことを語らせていただいております。教職員も生徒たちも、私がとりつ ぐ英語礼拝のメッセージにより、聖書がより親しみやすく、わかるようになったと言って下さる方もおります。このことも、神様に感謝す べきことです。

 

いま一つの喜びは、週に一度女子生徒たちの聖書研究会での学びです。毎週、数 名の女子生徒たちが私のところに集まり、お喋りをしたり、賛美歌を歌ったり、英語と日本語で聖書を読みあったりしています。このよう に、生徒たちを知り、共に祈り、聖書をより深く学ぶ良き場とが与えられております。最近になって、聖書研究会の中の二人の女子生徒 が、私と共に教会に集うようにさえなりました。

 

異国の地で神様に仕えることは、容易なことではないと思われるようなこともあ りますが、私を弘前に導いて下さった神様に感謝しております。神様の愛を分かち合い、日本の若者たちにイエス様のことを伝えることで きることも感謝しております。聖愛中学高等学校の教職員と生徒たちのことを皆さまの日々のお祈りのうちに加えて下されば幸いです。そ れが困難になることがるとしても、それでもなお、福音のメッセージは伝わることでしょう。神様のお力が、聖愛中学高等学校を通じて、 生徒たちとそのご家族の皆様に伝えられるようお祈り下さい。

 

祝福を祈りつつ

ローラ パーカー

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友