【October 2017 No.394】Discovering Christ and a Heart for Mission in Japan

by George Ndjungu, former assistant director

Student Christian Fellowship, Tokyo

George Ndjungu was born in 1989 in the Democratic Republic of Congo. At age 8, due to his parents becoming missionaries, he moved to the US and the following year to Senegal, where his parents were appointed as resident missionaries. He graduated from a high school in Boston and soon after enrolled at the University of North Carolina in Charlotte. He studied Japanese as a second language in college and now serves in Japan. — From Kyodan Shinpo (The Kyodan Times)

As of December 2015 to the present, I have been serving as an assistant to Pastor Noda Taku at the Student Christian Fellowship related to the Kyodan. I have been blessed with the opportunity to serve as a young adult missionary with the United Methodist Church. More specifically, I have been sent by the mission arm of the UMC through a program called “Generation Transformation.” This program seeks to recruit young adults from all over the world, train them, and then send them back into the world for missions. Any young adult between the ages of 20 and 30, a Christian of any denomination who can communicate in English and who can commit for a two-year mission period is welcome to apply. As for me, I have had the particular privilege to serve here in Japan through the help of the Wesley Foundation.

 

My primary function at SCF is to assist Pastor Noda in all his work. However, given that the nature of the work at SCF focuses on young adult activity rather than office work, my sphere of activity largely falls here as well. We have numerous programs and events where young adults are central. From Bible classes to dinner nights, night hikes, barbecues, and so on. All events are bred by the young adults. As one of the young adults, it is my responsibility to be involved with all events from conception to realization.

 

I have in many ways been in the care of our young adults at SCF. They usually help me with many things even before I ask anything of them. In particular, they have been my greatest teachers in how to navigate my way wisely through the complex daily Japanese lifestyle. I am infinitely grateful. Besides advice on living in Japan, they have also been more than able teachers in various other ways. Chief among these is the lesson they have taught me in serving others. The Scriptures declare that Christ, who is God, emptied Himself, humbled Himself by taking on the likeness of a manservant, and died on the Cross—this in order to lead the human race back to God, against whom we had rebelled. The Scriptures also exhort us to learn from Christ’s example and so serve others, as He did. I was made to realize that I had not known this fundamental principle of the Christian life until I came to SCF. Therefore, not only am I thankful to everyone at SCF for so teaching me but I am also thankful to God who used SCF to show me my spiritual immaturity.

 

It is safe to say that, by coming to Japan, I have come to the knowledge of Christ; in other words, I have become a Christian. Now of course, I was aware of what it entailed to be a Christian before coming to Japan. Raised in a minister’s home, the greater part of my education has been founded on Christian teaching, and I have for my whole life professed the Christian religion. However, I am in no confusion that it was not until I came to Japan that Christ was truly revealed to me: this because I was made to realize that although I had come to Japan to witness to Christ, I actually did not know Him. Left helpless, I had nowhere else to turn than to the one who made me realize that I was empty: Christ Himself. From then on, He made me understand that mission does not begin with someone else, but that it first had to begin with my own heart. It is here in Japan that I came to understand that the Christian life begins when one says to God, “Here am I; let Thy will be done in me O Lord.” Returning to God with the whole heart; serving Christ as Lord and Savior; this is what it means to be a follower of Christ. I was made to realize that here in Japan. I thank and bless the Lord for this.

 

Pastor Noda has been very kind in giving me free reign to conduct the English Bible Study we currently have at SCF. Without the use of any other study materials, we gather together around the Word of God and listen to what He has to say to us. If the Lord inclines you to, please pray that this gathering may continue to the glory of God and that it may be a means by which many that are lost can be found again by their heavenly Father. To Him alone be glory now and forevermore. Amen.

☆ジョージ・ジュングさん George Ndjungu 1989年生まれ。アフリカ・コンゴ民主共和国生まれのコンゴ人。 8歳の時、 父親が宣教師として米国に赴き、翌年、アフリカ・セネガル共和国の 宣教兼務 となったことから、 米国とセ ネガルを行き来し、高3の時、米 国に定住した。 ボストン の高校から、ノースカロライナ大学に入学。日本語は第2専攻だっ たが、 現在、抜 群の日本語力を駆使して、日本で奉仕をしている。 (教団新 報、紹介記事より)

 

こんにちは、日本基督教団学生青年センター(SCF)のジョージ・ジュングと申します。2015年の12月か ら、SCF主事を務めておられる野田沢先生の補佐をさせていただ いています。

 

SCFには、 青年宣教者として、アメリカ合同メソジスト教会から派遣されました。この合同メソジスト教会の宣教部が実施する「Generation Transformation」と言 うプログラムを通して、日本に来ました。このプログラムは、世界各国のクリスチャンの青年たちを集め、訓練し、また世界に送り出すもので す。教派を問わず、20-30歳の青年で、クリスチャンであり、英語が多少でき、二 年間コミット出来るような青年たちを募集し、派遣するプログラムです。

私が日本に派遣されることになったのは、合同メソジスト教会の日本での 窓口となっている、ウェスレー財団のお陰です。

 

SCFでは、 主に、野田先生のサポートをさせていただいています。ですが、SCFの働きは、事務的作業よりも、青年たちの活動に焦点を置いている場所なので、イベントが沢山あります。聖書を読む会、 夕食会、ナイトハイク、バーベキュー、等々なイベントを全部、青年たちが考えて企画してくれています。そして、私も青年たちと一緒にイベ ント企画から実行まで関わらせていただいています。

SCFでは、 自ら何かを相談する前に、青年たちが色んな形でサポートしてくれています。入居時の荷物運びや、日本での生活のアドバイスなど、色んな面 でSCFの皆さんにお世話になっています。

SCFの皆さ んのお陰で色んな面で成長しましたが、一番大きいのは、他者を仕えることだと思います。聖書は、キリストが神でありながらも、ご自分を無 にして、人間と同じ者になり、僕の身分までにへりくだって、ついに見苦しい十字架の死までに至ったと語っています。それは、神様に背いて いた全人類をもう一度神様のもとに立ち帰らせるためだと教えています。そして、そのキリストの姿に学び、私たちも他者を仕えるべきだと勧 めています。自分がまだ、キリストによる新しい生き方のこの初歩的な部分に従順していなかったことを、SCFに来てから気づかされました。SCFの皆さんには本当に感謝しています。そして、SCFを用いて、自分の未熟なところを見せてくだった神様に感謝しています。

 

日本に来てから、信仰が強められたと思います。いいえ、もっと正確に言 いますと、やっと信じることになりました。日本に来る前までは、もちろん、ある程度キリスト者が歩まなければいけない道がどう言う道であ るのかをしていました。けれども、日本に来て、宣教、伝道、キリストを証しすることの難しさにであい、自分の信仰の浅さに気づかされまし た。キリストを証しするために来ていたにもかかわらず、証しに来たキリストを自分自身がまだ知らなかった。クリスチャンと言いながらも、 キリストに自分の心の王座を譲れず、思うがままに生きていました。キリスト教的行事をやっていれば、それで神様は喜ばれるだろうと勘違い していました。でも神様がまず私に要求していたのは、宣教でも、伝道でもなく、私の心そのものだと、あとになって気づくことになりまし た。そのことに気づかされた私は、日本に派遣された理由をもう一度考え直すことにしました。伝道の最初の対象は果たして誰であったのか? 他の人か?あるいは自分自身か?自身の質問にキリストが答えてくれました。「偽善者よ、まず自分の目から丸太を除け。そうすれば、はっき り見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる」。キリスト者として歩まないで、でもその歩みを他人に勧めていた理不 尽な自分に気づかされました。クリスチャンの人生は、神様に、「僕がここにいます。御心のままにしてください」から始まることを分かるよ うになりました。神様に心から立ち帰ること。キリストを主人として仕えること。これこそがクリスチャンになることだと言うことに、日本に 来てから気づくようになりました。主に感謝し、その御名をたたえます!

 

今SCFでやって いるEnglish Bible Studyはその名 の通り、英語で聖書を勉強しています。第一の目的は、来る人に神様の御言葉に触れさせることです。第二の目的は、その人に英 語の実力を発揮できる場所を与えることです。コンセプトは、福音書を四つも用いて、イエス・キリストの生涯を追いかけることです。教材など使 わずに、集まった人で読んで、考えて、分かち合う形式です。まだ始まったばっかりの集会ですが、どうぞ、これからも神様がこの小さな会を用い て、多くの人をご自分のもとに立ち帰らせるよう、お祈りをお願いいたします。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2017年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友