マルコによる福音書5・1〜20

蒲田新生教会

5:1一行は、湖の向こう岸にあるゲラサ人の地方に着いた。

5:2イエスが舟から上がられるとすぐに、汚れた霊に取りつかれた人が墓場からやって来た。

5:3この人は墓場を住まいとしており、もはやだれも、鎖を用いてさえつなぎとめておくことはできなかった。

5:4これまでにも度々足枷や鎖で縛られたが、鎖は引きちぎり足枷は砕いてしまい、だれも彼を縛っておくことはできなかったのである。

5:5彼は昼も夜も墓場や山で叫んだり、石で自分を打ちたたいたりしていた。

5:6イエスを遠くから見ると、走り寄ってひれ伏し、

5:7大声で叫んだ。「いと高き神の子イエス、かまわないでくれ。後生だから、苦しめないでほしい。」

5:8イエスが、「汚れた霊、この人から出て行け」と言われたからである。

5:9そこで、イエスが、「名は何というのか」とお尋ねになると、「名はレギオン。大勢だから」と言った。

5:10そして、自分たちをこの地方から追い出さないようにと、イエスにしきりに願った。

5:11ところで、その辺りの山で豚の大群がえさをあさっていた。

5:12汚れた霊どもはイエスに、「豚の中に送り込み、乗り移らせてくれ」と願った。

5:13イエスがお許しになったので、汚れた霊どもは出て、豚の中に入った。すると、二千匹ほどの豚の群れが崖を下って湖になだれ込み、湖の中で次々とおぼれ死んだ。

5:14豚飼いたちは逃げ出し、町や村にこのことを知らせた。人々は何が起こったのかと見に来た。

5:15彼らはイエスのところに来ると、レギオンに取りつかれていた人が服を着、正気になって座っているのを見て、恐ろしくなった。

5:16成り行きを見ていた人たちは、悪霊に取りつかれた人の身に起こったことと豚のことを人々に語った。

5:17そこで、人々はイエスにその地方から出て行ってもらいたいと言いだした。

5:18イエスが舟に乗られると、悪霊に取りつかれていた人が、一緒に行きたいと願った。

5:19イエスはそれを許さないで、こう言われた。「自分の家に帰りなさい。そして身内の人に、主があなたを憐れみ、あなたにしてくださったことをことごとく知らせなさい。」

5:20その人は立ち去り、イエスが自分にしてくださったことをことごとくデカポリス地方に言い広め始めた。人々は皆驚いた。

マルコによる福音書4・35〜41

蒲田教会

4:35その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。

4:36そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。ほかの舟も一緒であった。

4:37激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった。

4:38しかし、イエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。

4:39イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。

4:40イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」

4:41弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。

マルコによる福音書4・21〜34

大森めぐみ教会

4:21また、イエスは言われた。「ともし火を持って来るのは、升の下や寝台の下に置くためだろうか。燭台の上に置くためではないか。

4:22隠れているもので、あらわにならないものはなく、秘められたもので、公にならないものはない。

4:23聞く耳のある者は聞きなさい。」

4:24また、彼らに言われた。「何を聞いているかに注意しなさい。あなたがたは自分の量る秤で量り与えられ、更にたくさん与えられる。

4:25持っている人は更に与えられ、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。」

4:26また、イエスは言われた。「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、

4:27夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。

4:28土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に穂、そしてその穂には豊かな実ができる。

4:29実が熟すと、早速、鎌を入れる。収穫の時が来たからである。」

4:30更に、イエスは言われた。「神の国を何にたとえようか。どのようなたとえで示そうか。

4:31それは、からし種のようなものである。土に蒔くときには、地上のどんな種よりも小さいが、

4:32蒔くと、成長してどんな野菜よりも大きくなり、葉の陰に空の鳥が巣を作れるほど大きな枝を張る。」

4:33イエスは、人々の聞く力に応じて、このように多くのたとえで御言葉を語られた。

4:34たとえを用いずに語ることはなかったが、御自分の弟子たちにはひそかにすべてを説明された。

マルコによる福音書4・1〜20

久ヶ原教会

4:1イエスは、再び湖のほとりで教え始められた。おびただしい群衆が、そばに集まって来た。そこで、イエスは舟に乗って腰を下ろし、湖の上におられたが、群衆は皆、湖畔にいた。

4:2イエスはたとえでいろいろと教えられ、その中で次のように言われた。

4:3「よく聞きなさい。種を蒔く人が種蒔きに出て行った。

4:4蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。

4:5ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。

4:6しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。

4:7ほかの種は茨の中に落ちた。すると茨が伸びて覆いふさいだので、実を結ばなかった。

4:8また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは三十倍、あるものは六十倍、あるものは百倍にもなった。」

4:9そして、「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われた。

4:10イエスがひとりになられたとき、十二人と、イエスの周りにいた人たちとが、たとえについて尋ねた。

4:11そこで、イエスは言われた。「あなたがたには神の国の秘密が打ち明けられているが、外の人々には、すべてがたとえで示される。

4:12それは、/『彼らが見るには見るが、認めず、/聞くには聞くが、理解できず、/こうして、立ち帰って赦されることがない』/ようになるためである。」

4:13また、イエスは言われた。「このたとえが分からないのか。では、どうしてほかのたとえが理解できるだろうか。

4:14種を蒔く人は、神の言葉を蒔くのである。

4:15道端のものとは、こういう人たちである。そこに御言葉が蒔かれ、それを聞いても、すぐにサタンが来て、彼らに蒔かれた御言葉を奪い去る。

4:16石だらけの所に蒔かれるものとは、こういう人たちである。御言葉を聞くとすぐ喜んで受け入れるが、

4:17自分には根がないので、しばらくは続いても、後で御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう。

4:18また、ほかの人たちは茨の中に蒔かれるものである。この人たちは御言葉を聞くが、

4:19この世の思い煩いや富の誘惑、その他いろいろな欲望が心に入り込み、御言葉を覆いふさいで実らない。

4:20良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり、ある者は三十倍、ある者は六十倍、ある者は百倍の実を結ぶのである。」

マルコによる福音書3・31〜35

雪ヶ谷教会

3:31イエスはまた会堂にお入りになった。そこに片手の萎えた人がいた。

3:32人々はイエスを訴えようと思って、安息日にこの人の病気をいやされるかどうか、注目していた。

3:33イエスは手の萎えた人に、「真ん中に立ちなさい」と言われた。

3:34そして人々にこう言われた。「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」彼らは黙っていた。

3:35そこで、イエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなな心を悲しみながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、手は元どおりになった。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive