マタイによる福音書25・14〜30

本庄教会

25:14「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。

25:15それぞれの力に応じて、一人には五タラントン、一人には二タラントン、もう一人には一タラントンを預けて旅に出かけた。早速、

25:16五タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに五タラントンをもうけた。

25:17同じように、二タラントン預かった者も、ほかに二タラントンをもうけた。

25:18しかし、一タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。

25:19さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。

25:20まず、五タラントン預かった者が進み出て、ほかの五タラントンを差し出して言った。『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに五タラントンもうけました。』

25:21主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』

25:22次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに二タラントンもうけました。』

25:23主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』

25:24ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、

25:25恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』

25:26主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。

25:27それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。

25:28さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。

25:29だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。

25:30この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』」

マタイによる福音書25・1〜13

深谷西島教会

25:1「そこで、天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。

25:2そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。

25:3愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意をしていなかった。

25:4賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壺に油を入れて持っていた。

25:5ところが、花婿の来るのが遅れたので、皆眠気がさして眠り込んでしまった。

25:6真夜中に『花婿だ。迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。

25:7そこで、おとめたちは皆起きて、それぞれのともし火を整えた。

25:8愚かなおとめたちは、賢いおとめたちに言った。『油を分けてください。わたしたちのともし火は消えそうです。』

25:9賢いおとめたちは答えた。『分けてあげるほどはありません。それより、店に行って、自分の分を買って来なさい。』

25:10愚かなおとめたちが買いに行っている間に、花婿が到着して、用意のできている五人は、花婿と一緒に婚宴の席に入り、戸が閉められた。

25:11その後で、ほかのおとめたちも来て、『御主人様、御主人様、開けてください』と言った。

25:12しかし主人は、『はっきり言っておく。わたしはお前たちを知らない』と答えた。

25:13だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」

マタイによる福音書24・45〜51

深谷教会

24:45「主人がその家の使用人たちの上に立てて、時間どおり彼らに食事を与えさせることにした忠実で賢い僕は、いったいだれであろうか。

24:46主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。

24:47はっきり言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。

24:48しかし、それが悪い僕で、主人は遅いと思い、

24:49仲間を殴り始め、酒飲みどもと一緒に食べたり飲んだりしているとする。

24:50もしそうなら、その僕の主人は予想しない日、思いがけない時に帰って来て、

24:51彼を厳しく罰し、偽善者たちと同じ目に遭わせる。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」

マタイによる福音書24・36〜44

鴻巣教会

24:36「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存じである。

24:37人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。

24:38洪水になる前は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。

24:39そして、洪水が襲って来て一人残らずさらうまで、何も気がつかなかった。人の子が来る場合も、このようである。

24:40そのとき、畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

24:41二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

24:42だから、目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。

24:43このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒が夜のいつごろやって来るかを知っていたら、目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう。

24:44だから、あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」

マタイによる福音書24・29〜35

和戸教会

24:29「その苦難の日々の後、たちまち/太陽は暗くなり、/月は光を放たず、/星は空から落ち、/天体は揺り動かされる。

24:30そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。

24:31人の子は、大きなラッパの音を合図にその天使たちを遣わす。天使たちは、天の果てから果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」

24:32「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。

24:33それと同じように、あなたがたは、これらすべてのことを見たなら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。

24:34はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。

24:35天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive