マルコによる福音書8・1〜10

浪岡伝道所

8:1そのころ、また群衆が大勢いて、何も食べる物がなかったので、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた。

8:2「群衆がかわいそうだ。もう三日もわたしと一緒にいるのに、食べ物がない。

8:3空腹のまま家に帰らせると、途中で疲れきってしまうだろう。中には遠くから来ている者もいる。」

8:4弟子たちは答えた。「こんな人里離れた所で、いったいどこからパンを手に入れて、これだけの人に十分食べさせることができるでしょうか。」

8:5イエスが「パンは幾つあるか」とお尋ねになると、弟子たちは、「七つあります」と言った。

8:6そこで、イエスは地面に座るように群衆に命じ、七つのパンを取り、感謝の祈りを唱えてこれを裂き、人々に配るようにと弟子たちにお渡しになった。弟子たちは群衆に配った。

8:7また、小さい魚が少しあったので、賛美の祈りを唱えて、それも配るようにと言われた。

8:8人々は食べて満腹したが、残ったパンの屑を集めると、七籠になった。

8:9およそ四千人の人がいた。イエスは彼らを解散させられた。

8:10それからすぐに、弟子たちと共に舟に乗って、ダルマヌタの地方に行かれた。

マルコによる福音書7・31〜37

八甲田伝道所

7:31ファリサイ派の人々と数人の律法学者たちが、エルサレムから来て、イエスのもとに集まった。

7:32そして、イエスの弟子たちの中に汚れた手、つまり洗わない手で食事をする者がいるのを見た。

7:33――ファリサイ派の人々をはじめユダヤ人は皆、昔の人の言い伝えを固く守って、念入りに手を洗ってからでないと食事をせず、

7:34また、市場から帰ったときには、身を清めてからでないと食事をしない。そのほか、杯、鉢、銅の器や寝台を洗うことなど、昔から受け継いで固く守っていることがたくさんある。――

7:35そこで、ファリサイ派の人々と律法学者たちが尋ねた。「なぜ、あなたの弟子たちは昔の人の言い伝えに従って歩まず、汚れた手で食事をするのですか。」

7:36イエスは言われた。「イザヤは、あなたたちのような偽善者のことを見事に預言したものだ。彼はこう書いている。『この民は口先ではわたしを敬うが、/その心はわたしから遠く離れている。

7:37人間の戒めを教えとしておしえ、/むなしくわたしをあがめている。』

マルコによる福音書16・14〜20

黒石教会

16:14その後、十一人が食事をしているとき、イエスが現れ、その不信仰とかたくなな心をおとがめになった。復活されたイエスを見た人々の言うことを、信じなかったからである。

16:15それから、イエスは言われた。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。

16:16信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。

16:17信じる者には次のようなしるしが伴う。彼らはわたしの名によって悪霊を追い出し、新しい言葉を語る。

16:18手で蛇をつかみ、また、毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば治る。」

16:19主イエスは、弟子たちに話した後、天に上げられ、神の右の座に着かれた。

16:20一方、弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることを、それに伴うしるしによってはっきりとお示しになった。〕

結び 二

〔婦人たちは、命じられたことをすべてペトロとその仲間たちに手短に伝えた。その後、イエス御自身も、東から西まで、彼らを通して、永遠の救いに関する聖なる朽ちることのない福音を広められた。アーメン。〕

マルコによる福音書7・24〜30

木造教会

7:24イエスはそこを立ち去って、ティルスの地方に行かれた。ある家に入り、だれにも知られたくないと思っておられたが、人々に気づかれてしまった。

7:25汚れた霊に取りつかれた幼い娘を持つ女が、すぐにイエスのことを聞きつけ、来てその足もとにひれ伏した。

7:26女はギリシア人でシリア・フェニキアの生まれであったが、娘から悪霊を追い出してくださいと頼んだ。

7:27イエスは言われた。「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない。」

7:28ところが、女は答えて言った。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます。」

7:29そこで、イエスは言われた。「それほど言うなら、よろしい。家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘からもう出てしまった。」

7:30女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。

マルコによる福音書7・14〜23

五所川原教会

7:14それから、イエスは再び群衆を呼び寄せて言われた。「皆、わたしの言うことを聞いて悟りなさい。

7:15外から人の体に入るもので人を汚すことができるものは何もなく、人の中から出て来るものが、人を汚すのである。」

7:16<底本に節が欠けている個所の異本による訳文>
聞く耳のある者は聞きなさい。†

7:17イエスが群衆と別れて家に入られると、弟子たちはこのたとえについて尋ねた。

7:18イエスは言われた。「あなたがたも、そんなに物分かりが悪いのか。すべて外から人の体に入るものは、人を汚すことができないことが分からないのか。

7:19それは人の心の中に入るのではなく、腹の中に入り、そして外に出される。こうして、すべての食べ物は清められる。」

7:20更に、次のように言われた。「人から出て来るものこそ、人を汚す。

7:21中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。みだらな行い、盗み、殺意、

7:22姦淫、貪欲、悪意、詐欺、好色、ねたみ、悪口、傲慢、無分別など、

7:23これらの悪はみな中から出て来て、人を汚すのである。」

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive