コリントの信徒への手紙二5・1~10

南紀の台教会

5:1 わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています。人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。
5:2 わたしたちは、天から与えられる住みかを上に着たいと切に願って、この地上の幕屋にあって苦しみもだえています。
5:3 それを脱いでも、わたしたちは裸のままではおりません。
5:4 この幕屋に住むわたしたちは重荷を負ってうめいておりますが、それは、地上の住みかを脱ぎ捨てたいからではありません。死ぬはずのものが命に飲み込まれてしまうために、天から与えられる住みかを上に着たいからです。
5:5 わたしたちを、このようになるのにふさわしい者としてくださったのは、神です。神は、その保証として“霊”を与えてくださったのです。
5:6 それで、わたしたちはいつも心強いのですが、体を住みかとしているかぎり、主から離れていることも知っています。
5:7 目に見えるものによらず、信仰によって歩んでいるからです。
5:8 わたしたちは、心強い。そして、体を離れて、主のもとに住むことをむしろ望んでいます。
5:9 だから、体を住みかとしていても、体を離れているにしても、ひたすら主に喜ばれる者でありたい。
5:10 なぜなら、わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けねばならないからです。

ヨブ記42・1~16

田辺教会

42:1 ヨブは主に答えて言った。
42:2 あなたは全能であり/御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。
42:3 「これは何者か。知識もないのに/神の経綸を隠そうとするとは。」そのとおりです。わたしには理解できず、わたしの知識を超えた/驚くべき御業をあげつらっておりました。
42:4 「聞け、わたしが話す。お前に尋ねる、わたしに答えてみよ。」
42:5 あなたのことを、耳にしてはおりました。しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。
42:6 それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し/自分を退け、悔い改めます。
42:7 主はこのようにヨブに語ってから、テマン人エリファズに仰せになった。「わたしはお前とお前の二人の友人に対して怒っている。お前たちは、わたしについてわたしの僕ヨブのように正しく語らなかったからだ。
42:8 しかし今、雄牛と雄羊を七頭ずつわたしの僕ヨブのところに引いて行き、自分のためにいけにえをささげれば、わたしの僕ヨブはお前たちのために祈ってくれるであろう。わたしはそれを受け入れる。お前たちはわたしの僕ヨブのようにわたしについて正しく語らなかったのだが、お前たちに罰を与えないことにしよう。」
42:9 テマン人エリファズ、シュア人ビルダド、ナアマ人ツォファルは行って、主が言われたことを実行した。そして、主はヨブの祈りを受け入れられた。
42:10 ヨブが友人たちのために祈ったとき、主はヨブを元の境遇に戻し、更に財産を二倍にされた。
42:11 兄弟姉妹、かつての知人たちがこぞって彼のもとを訪れ、食事を共にし、主が下されたすべての災いについていたわり慰め、それぞれ銀一ケシタと金の環一つを贈った。
42:12 主はその後のヨブを以前にも増して祝福された。ヨブは、羊一万四千匹、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭を持つことになった。
42:13 彼はまた七人の息子と三人の娘をもうけ、
42:14 長女をエミマ、次女をケツィア、三女をケレン・プクと名付けた。
42:15 ヨブの娘たちのように美しい娘は国中どこにもいなかった。彼女らもその兄弟と共に父の財産の分け前を受けた。
42:16 ヨブはその後百四十年生き、子、孫、四代の先まで見ることができた。

ヨブ記41・1~26

南部伝道所

41:1 勝ち目があると思っても、落胆するだけだ。見ただけでも打ちのめされるほどなのだから。
41:2 彼を挑発するほど勇猛な者はいまい。いるなら、わたしの前に立て。
41:3 あえてわたしの前に立つ者があれば/その者には褒美を与えよう。天の下にあるすべてのものはわたしのものだ。
41:4 彼のからだの各部について/わたしは黙ってはいられない。力のこもった背と見事な体格について。
41:5 誰が彼の身ごしらえを正面から解き/上下の顎の間に押し入ることができようか。
41:6 誰がその顔の扉を開くことができようか。歯の周りには殺気がある。
41:7 背中は盾の列/封印され、固く閉ざされている。
41:8 その盾は次々と連なって/風の吹き込む透き間もない。
41:9 一つの盾はその仲間に結びつき/つながりあって、決して離れない。
41:10 彼がくしゃみをすれば、両眼は/曙のまばたきのように、光を放ち始める。
41:11 口からは火炎が噴き出し/火の粉が飛び散る。
41:12 煮えたぎる鍋の勢いで/鼻からは煙が吹き出る。
41:13 喉は燃える炭火/口からは炎が吹き出る。
41:14 首には猛威が宿り/顔には威嚇がみなぎっている。
41:15 筋肉は幾重にも重なり合い/しっかり彼を包んでびくともしない。
41:16 心臓は石のように硬く/石臼のように硬い。
41:17 彼が立ち上がれば神々もおののき/取り乱して、逃げ惑う。
41:18 剣も槍も、矢も投げ槍も/彼を突き刺すことはできない。
41:19 鉄の武器も麦藁となり/青銅も腐った木となる。
41:20 弓を射ても彼を追うことはできず/石投げ紐の石ももみ殻に変わる。
41:21 彼はこん棒を藁と見なし/投げ槍のうなりを笑う。
41:22 彼の腹は鋭い陶器の破片を並べたよう。打穀機のように土の塊を砕き散らす。
41:23 彼は深い淵を煮えたぎる鍋のように沸き上がらせ/海をるつぼにする。
41:24 彼の進んだ跡には光が輝き/深淵は白髪をなびかせる。
41:25 この地上に、彼を支配する者はいない。彼はおののきを知らぬものとして造られている。
41:26 驕り高ぶるものすべてを見下し/誇り高い獣すべての上に君臨している。

ヨブ記40・1~32

愛隣教会

40:1 ヨブに答えて、主は仰せになった。
40:2 全能者と言い争う者よ、引き下がるのか。神を責めたてる者よ、答えるがよい。
40:3 ヨブは主に答えて言った。
40:4 わたしは軽々しくものを申しました。どうしてあなたに反論などできましょう。わたしはこの口に手を置きます。
40:5 ひと言語りましたが、もう主張いたしません。ふた言申しましたが、もう繰り返しません。
40:6 主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。
40:7 男らしく、腰に帯をせよ。お前に尋ねる。わたしに答えてみよ。
40:8 お前はわたしが定めたことを否定し/自分を無罪とするために/わたしを有罪とさえするのか。
40:9 お前は神に劣らぬ腕をもち/神のような声をもって雷鳴をとどろかせるのか。
40:10 威厳と誇りで身を飾り/栄えと輝きで身を装うがよい。
40:11 怒って猛威を振るい/すべて驕り高ぶる者を見れば、これを低くし
40:12 すべて驕り高ぶる者を見れば、これを挫き/神に逆らう者を打ち倒し
40:13 ひとり残らず塵に葬り去り/顔を包んで墓穴に置くがよい。
40:14 そのとき初めて、わたしはお前をたたえよう。お前が自分の右の手で/勝利を得たことになるのだから。
40:15 見よ、ベヘモットを。お前を造ったわたしはこの獣をも造った。これは牛のように草を食べる。
40:16 見よ、腰の力と腹筋の勢いを。
40:17 尾は杉の枝のようにたわみ/腿の筋は固く絡み合っている。
40:18 骨は青銅の管/骨組みは鋼鉄の棒を組み合わせたようだ。
40:19 これこそ神の傑作/造り主をおいて剣をそれに突きつける者はない。
40:20 山々は彼に食べ物を与える。野のすべての獣は彼に戯れる。
40:21 彼がそてつの木の下や/浅瀬の葦の茂みに伏せると
40:22 そてつの影は彼を覆い/川辺の柳は彼を包む。
40:23 川が押し流そうとしても、彼は動じない。ヨルダンが口に流れ込んでも、ひるまない。
40:24 まともに捕えたり/罠にかけてその鼻を貫きうるものがあろうか。
40:25 お前はレビヤタンを鉤にかけて引き上げ/その舌を縄で捕えて/屈服させることができるか。
40:26 お前はその鼻に綱をつけ/顎を貫いてくつわをかけることができるか。
40:27 彼がお前に繰り返し憐れみを乞い/丁重に話したりするだろうか。
40:28 彼がお前と契約を結び/永久にお前の僕となったりするだろうか。
40:29 お前は彼を小鳥のようにもてあそび/娘たちのためにつないでおくことができるか。
40:30 お前の仲間は彼を取り引きにかけ/商人たちに切り売りすることができるか。
40:31 お前はもりで彼の皮を/やすで頭を傷だらけにすることができるか。
40:32 彼の上に手を置いてみよ。戦うなどとは二度と言わぬがよい。

ヨブ記39・1~30

粉河教会

39:1 お前は岩場の山羊が子を産む時を知っているか。雌鹿の産みの苦しみを見守ることができるか。
39:2 月が満ちるのを数え/産むべき時を知ることができるか。
39:3 雌鹿はうずくまって産み/子を送り出す。
39:4 その子らは強くなり、野で育ち/出ていくと、もう帰ってこない。
39:5 誰が野生のろばに自由を与え/野ろばを解き放ってやったのか。
39:6 その住みかとして荒れ地を与え/ねぐらとして不毛の地を与えたのはわたしだ。
39:7 彼らは町の雑踏を笑い/追い使う者の呼び声に従うことなく
39:8 餌を求めて山々を駆け巡り/緑の草はないかと探す。
39:9 野牛が喜んでお前の僕となり/お前の小屋で夜を過ごすことがあろうか。
39:10 お前は野牛に綱をつけて畝を行かせ/お前に従わせて谷間の畑を/掘り起こさせることができるか。
39:11 力が強いといって、頼りにし/仕事を任せることができるか。
39:12 野牛が穀物をもたらし/実りを集めてくれると期待するのか。
39:13 駝鳥は勢いよく羽ばたくが/こうのとりのような羽毛を持っているだろうか。
39:14 駝鳥は卵を地面に置き去りにし/砂の上で暖まるにまかせ
39:15 獣の足がこれを踏みつけ/野の獣が踏みにじることも忘れている。
39:16 その雛を/自分のものではないかのようにあしらい/自分の産んだものが無に帰しても/平然としている。
39:17 神が知恵を貸し与えず/分別を分け与えなかったからだ。
39:18 だが、誇って駆けるときには/馬と乗り手を笑うほどだ。
39:19 お前は馬に力を与え/その首をたてがみで装うことができるか。
39:20 馬をいなごのように跳ねさせることができるか。そのいななきには恐るべき威力があり
39:21 谷間で砂をけって喜び勇み/武器に怖じることなく進む。
39:22 恐れを笑い、ひるむことなく/剣に背を向けて逃げることもない。
39:23 その上に箙が音をたて/槍と投げ槍がきらめくとき
39:24 身を震わせ、興奮して地をかき/角笛の音に、じっとしてはいられない。
39:25 角笛の合図があればいななき/戦いも、隊長の怒号も、鬨の声も/遠くにいながら、かぎつけている。
39:26 鷹が翼を広げて南へ飛ぶのは/お前が分別を与えたからなのか。
39:27 鷲が舞い上がり、高い所に巣を作るのは/お前が命令したからなのか。
39:28 鷲は岩場に住み/牙のような岩や砦の上で夜を過ごす。
39:29 その上から餌を探して/はるかかなたまで目を光らせている。
39:30 その雛は血を飲むことを求め/死骸の傍らには必ずいる。

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive