テモテへの手紙一 1・1〜17

1:1わたしたちの救い主である神とわたしたちの希望であるキリスト・イエスによって任命され、キリスト・イエスの使徒となったパウロから、

1:2信仰によるまことの子テモテへ。父である神とわたしたちの主キリスト・イエスからの恵み、憐れみ、そして平和があるように。

1:3マケドニア州に出発するときに頼んでおいたように、あなたはエフェソにとどまって、ある人々に命じなさい。異なる教えを説いたり、

1:4作り話や切りのない系図に心を奪われたりしないようにと。このような作り話や系図は、信仰による神の救いの計画の実現よりも、むしろ無意味な詮索を引き起こします。

1:5わたしのこの命令は、清い心と正しい良心と純真な信仰とから生じる愛を目指すものです。

1:6ある人々はこれらのものからそれて、無益な議論の中に迷い込みました。

1:7彼らは、自分の言っていることも主張している事柄についても理解していないのに、律法の教師でありたいと思っています。

1:8しかし、わたしたちは、律法は正しく用いるならば良いものであることを知っています。

1:9すなわち、次のことを知って用いれば良いものです。律法は、正しい者のために与えられているのではなく、不法な者や不従順な者、不信心な者や罪を犯す者、神を畏れぬ者や俗悪な者、父を殺す者や母を殺す者、人を殺す者、

1:10みだらな行いをする者、男色をする者、誘拐する者、偽りを言う者、偽証する者のために与えられ、そのほか、健全な教えに反することがあれば、そのために与えられているのです。

1:11今述べたことは、祝福に満ちた神の栄光の福音に一致しており、わたしはその福音をゆだねられています。

1:12わたしを強くしてくださった、わたしたちの主キリスト・イエスに感謝しています。この方が、わたしを忠実な者と見なして務めに就かせてくださったからです。

1:13以前、わたしは神を冒涜する者、迫害する者、暴力を振るう者でした。しかし、信じていないとき知らずに行ったことなので、憐れみを受けました。

1:14そして、わたしたちの主の恵みが、キリスト・イエスによる信仰と愛と共に、あふれるほど与えられました。

1:15「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。わたしは、その罪人の中で最たる者です。

1:16しかし、わたしが憐れみを受けたのは、キリスト・イエスがまずそのわたしに限りない忍耐をお示しになり、わたしがこの方を信じて永遠の命を得ようとしている人々の手本となるためでした。

1:17永遠の王、不滅で目に見えない唯一の神に、誉れと栄光が世々限りなくありますように、アーメン。

ルカによる福音書5・1〜11

5:1イエスがゲネサレト湖畔に立っておられると、神の言葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せて来た。

5:2イエスは、二そうの舟が岸にあるのを御覧になった。漁師たちは、舟から上がって網を洗っていた。

5:3そこでイエスは、そのうちの一そうであるシモンの持ち舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すようにお頼みになった。そして、腰を下ろして舟から群衆に教え始められた。

5:4話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われた。

5:5シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。

5:6そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。

5:7そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。

5:8これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。

5:9とれた魚にシモンも一緒にいた者も皆驚いたからである。

5:10シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」

5:11そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。

エフェソの信徒への手紙6・10〜24

6:10最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。

6:11悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。

6:12わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。

6:13だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。

6:14立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、

6:15平和の福音を告げる準備を履物としなさい。

6:16なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。

6:17また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。

6:18どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。

6:19また、わたしが適切な言葉を用いて話し、福音の神秘を大胆に示すことができるように、わたしのためにも祈ってください。

6:20わたしはこの福音の使者として鎖につながれていますが、それでも、語るべきことは大胆に話せるように、祈ってください。

6:21わたしがどういう様子でいるか、また、何をしているか、あなたがたにも知ってもらうために、ティキコがすべて話すことでしょう。彼は主に結ばれた、愛する兄弟であり、忠実に仕える者です。

6:22彼をそちらに送るのは、あなたがたがわたしたちの様子を知り、彼から心に励ましを得るためなのです。

6:23平和と、信仰を伴う愛が、父である神と主イエス・キリストから、兄弟たちにあるように。

6:24恵みが、変わらぬ愛をもってわたしたちの主イエス・キリストを愛する、すべての人と共にあるように。

エフェソの信徒への手紙6・1〜9

6:1子供たち、主に結ばれている者として両親に従いなさい。それは正しいことです。

6:2「父と母を敬いなさい。」これは約束を伴う最初の掟です。

6:3「そうすれば、あなたは幸福になり、地上で長く生きることができる」という約束です。

6:4父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい。

6:5奴隷たち、キリストに従うように、恐れおののき、真心を込めて、肉による主人に従いなさい。

6:6人にへつらおうとして、うわべだけで仕えるのではなく、キリストの奴隷として、心から神の御心を行い、

6:7人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。

6:8あなたがたも知っているとおり、奴隷であっても自由な身分の者であっても、善いことを行えば、だれでも主から報いを受けるのです。

6:9主人たち、同じように奴隷を扱いなさい。彼らを脅すのはやめなさい。あなたがたも知っているとおり、彼らにもあなたがたにも同じ主人が天におられ、人を分け隔てなさらないのです。

エフェソの信徒への手紙5・15〜33

5:15愚かな者としてではなく、賢い者として、細かく気を配って歩みなさい。

5:16時をよく用いなさい。今は悪い時代なのです。

5:17だから、無分別な者とならず、主の御心が何であるかを悟りなさい。

5:18酒に酔いしれてはなりません。それは身を持ち崩すもとです。むしろ、霊に満たされ、

5:19詩編と賛歌と霊的な歌によって語り合い、主に向かって心からほめ歌いなさい。

5:20そして、いつも、あらゆることについて、わたしたちの主イエス・キリストの名により、父である神に感謝しなさい。

5:21キリストに対する畏れをもって、互いに仕え合いなさい。

5:22妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい。

5:23キリストが教会の頭であり、自らその体の救い主であるように、夫は妻の頭だからです。

5:24また、教会がキリストに仕えるように、妻もすべての面で夫に仕えるべきです。

5:25夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために御自分をお与えになったように、妻を愛しなさい。

5:26キリストがそうなさったのは、言葉を伴う水の洗いによって、教会を清めて聖なるものとし、

5:27しみやしわやそのたぐいのものは何一つない、聖なる、汚れのない、栄光に輝く教会を御自分の前に立たせるためでした。

5:28そのように夫も、自分の体のように妻を愛さなくてはなりません。妻を愛する人は、自分自身を愛しているのです。

5:29わが身を憎んだ者は一人もおらず、かえって、キリストが教会になさったように、わが身を養い、いたわるものです。

5:30わたしたちは、キリストの体の一部なのです。

5:31「それゆえ、人は父と母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。」

5:32この神秘は偉大です。わたしは、キリストと教会について述べているのです。

5:33いずれにせよ、あなたがたも、それぞれ、妻を自分のように愛しなさい。妻は夫を敬いなさい。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友