テモテへの手紙一 5・17〜25

5:17よく指導している長老たち、特に御言葉と教えのために労苦している長老たちは二倍の報酬を受けるにふさわしい、と考えるべきです。

5:18聖書には、「脱穀している牛に口籠をはめてはならない」と、また「働く者が報酬を受けるのは当然である」と書かれています。

5:19長老に反対する訴えは、二人あるいは三人の証人がいなければ、受理してはなりません。

5:20罪を犯している者に対しては、皆の前でとがめなさい。そうすれば、ほかの者も恐れを抱くようになります。

5:21神とキリスト・イエスと選ばれた天使たちとの前で、厳かに命じる。偏見を持たずにこれらの指示に従いなさい。何事をするにも、えこひいきはなりません。

5:22性急にだれにでも手を置いてはなりません。他人の罪に加わってもなりません。いつも潔白でいなさい。

5:23これからは水ばかり飲まないで、胃のために、また、度々起こる病気のために、ぶどう酒を少し用いなさい。

5:24ある人々の罪は明白でたちまち裁かれますが、ほかの人々の罪は後になって明らかになります。

5:25同じように、良い行いも明白です。そうでない場合でも、隠れたままのことはありません。

テモテへの手紙一 5・1〜16

5:1老人を叱ってはなりません。むしろ、自分の父親と思って諭しなさい。若い男は兄弟と思い、

5:2年老いた婦人は母親と思い、若い女性には常に清らかな心で姉妹と思って諭しなさい。

5:3身寄りのないやもめを大事にしてあげなさい。

5:4やもめに子や孫がいるならば、これらの者に、まず自分の家族を大切にし、親に恩返しをすることを学ばせるべきです。それは神に喜ばれることだからです。

5:5身寄りがなく独り暮らしのやもめは、神に希望を置き、昼も夜も願いと祈りを続けますが、

5:6放縦な生活をしているやもめは、生きていても死んでいるのと同然です。

5:7やもめたちが非難されたりしないように、次のことも命じなさい。

5:8自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています。

5:9やもめとして登録するのは、六十歳未満の者ではなく、一人の夫の妻であった人、

5:10善い行いで評判の良い人でなければなりません。子供を育て上げたとか、旅人を親切にもてなしたとか、聖なる者たちの足を洗ったとか、苦しんでいる人々を助けたとか、あらゆる善い業に励んだ者でなければなりません。

5:11年若いやもめは登録してはなりません。というのは、彼女たちは、情欲にかられてキリストから離れると、結婚したがるようになり、

5:12前にした約束を破ったという非難を受けることになるからです。

5:13その上、彼女たちは家から家へと回り歩くうちに怠け癖がつき、更に、ただ怠けるだけでなく、おしゃべりで詮索好きになり、話してはならないことまで話しだします。

5:14だから、わたしが望むのは、若いやもめは再婚し、子供を産み、家事を取りしきり、反対者に悪口の機会を一切与えないことです。

5:15既に道を踏み外し、サタンについて行ったやもめもいるからです。

5:16信者の婦人で身内にやもめがいれば、その世話をすべきであり、教会に負担をかけてはなりません。そうすれば教会は身寄りのないやもめの世話をすることができます。

テモテへの手紙一 4・1〜16

4:1しかし、“霊”は次のように明確に告げておられます。終わりの時には、惑わす霊と、悪霊どもの教えとに心を奪われ、信仰から脱落する者がいます。

4:2このことは、偽りを語る者たちの偽善によって引き起こされるのです。彼らは自分の良心に焼き印を押されており、

4:3結婚を禁じたり、ある種の食物を断つことを命じたりします。しかし、この食物は、信仰を持ち、真理を認識した人たちが感謝して食べるようにと、神がお造りになったものです。

4:4というのは、神がお造りになったものはすべて良いものであり、感謝して受けるならば、何一つ捨てるものはないからです。

4:5神の言葉と祈りとによって聖なるものとされるのです。

4:6これらのことを兄弟たちに教えるならば、あなたは、信仰の言葉とあなたが守ってきた善い教えの言葉とに養われて、キリスト・イエスの立派な奉仕者になります。

4:7俗悪で愚にもつかない作り話は退けなさい。信心のために自分を鍛えなさい。

4:8体の鍛練も多少は役に立ちますが、信心は、この世と来るべき世での命を約束するので、すべての点で益となるからです。

4:9この言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します。

4:10わたしたちが労苦し、奮闘するのは、すべての人、特に信じる人々の救い主である生ける神に希望を置いているからです。

4:11これらのことを命じ、教えなさい。

4:12あなたは、年が若いということで、だれからも軽んじられてはなりません。むしろ、言葉、行動、愛、信仰、純潔の点で、信じる人々の模範となりなさい。

4:13わたしが行くときまで、聖書の朗読と勧めと教えに専念しなさい。

4:14あなたの内にある恵みの賜物を軽んじてはなりません。その賜物は、長老たちがあなたに手を置いたとき、預言によって与えられたものです。

4:15これらのことに努めなさい。そこから離れてはなりません。そうすれば、あなたの進歩はすべての人に明らかになるでしょう。

4:16自分自身と教えとに気を配りなさい。以上のことをしっかりと守りなさい。そうすれば、あなたは自分自身と、あなたの言葉を聞く人々とを救うことになります。

テモテへの手紙一 3・1b〜16

3:1b「監督の職を求める人がいれば、その人は良い仕事を望んでいる。」

3:2だから、監督は、非のうちどころがなく、一人の妻の夫であり、節制し、分別があり、礼儀正しく、客を親切にもてなし、よく教えることができなければなりません。

3:3また、酒におぼれず、乱暴でなく、寛容で、争いを好まず、金銭に執着せず、

3:4自分の家庭をよく治め、常に品位を保って子供たちを従順な者に育てている人でなければなりません。

3:5自分の家庭を治めることを知らない者に、どうして神の教会の世話ができるでしょうか。

3:6監督は、信仰に入って間もない人ではいけません。それでは高慢になって悪魔と同じ裁きを受けかねないからです。

3:7更に、監督は、教会以外の人々からも良い評判を得ている人でなければなりません。そうでなければ、中傷され、悪魔の罠に陥りかねないからです。

3:8同じように、奉仕者たちも品位のある人でなければなりません。二枚舌を使わず、大酒を飲まず、恥ずべき利益をむさぼらず、

3:9清い良心の中に信仰の秘められた真理を持っている人でなければなりません。

3:10この人々もまず審査を受けるべきです。その上で、非難される点がなければ、奉仕者の務めに就かせなさい。

3:11婦人の奉仕者たちも同じように品位のある人でなければなりません。中傷せず、節制し、あらゆる点で忠実な人でなければなりません。

3:12奉仕者は一人の妻の夫で、子供たちと自分の家庭をよく治める人でなければなりません。

3:13というのも、奉仕者の仕事を立派に果たした人々は、良い地位を得、キリスト・イエスへの信仰によって大きな確信を得るようになるからです。

3:14わたしは、間もなくあなたのところへ行きたいと思いながら、この手紙を書いています。

3:15行くのが遅れる場合、神の家でどのように生活すべきかを知ってもらいたいのです。神の家とは、真理の柱であり土台である生ける神の教会です。

3:16信心の秘められた真理は確かに偉大です。すなわち、/キリストは肉において現れ、/“霊”において義とされ、/天使たちに見られ、/異邦人の間で宣べ伝えられ、/世界中で信じられ、/栄光のうちに上げられた。

テモテへの手紙一 1・18〜2・7

1:18わたしの子テモテ、あなたについて以前預言されたことに従って、この命令を与えます。その預言に力づけられ、雄々しく戦いなさい、

1:19信仰と正しい良心とを持って。ある人々は正しい良心を捨て、その信仰は挫折してしまいました。

1:20その中には、ヒメナイとアレクサンドロがいます。わたしは、神を冒涜してはならないことを学ばせるために、彼らをサタンに引き渡しました。

2:1そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。

2:2王たちやすべての高官のためにもささげなさい。わたしたちが常に信心と品位を保ち、平穏で落ち着いた生活を送るためです。

2:3これは、わたしたちの救い主である神の御前に良いことであり、喜ばれることです。

2:4神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。

2:5神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。

2:6この方はすべての人の贖いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。

2:7わたしは、その証しのために宣教者また使徒として、すなわち異邦人に信仰と真理を説く教師として任命されたのです。わたしは真実を語っており、偽りは言っていません。

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友