ヨブ記38・22~41

在日大韓基督教会和歌山第一教会

38:22 お前は雪の倉に入ったことがあるか。霰の倉を見たことがあるか。
38:23 災いの時のために/戦いや争いの日のために/わたしはこれらを蓄えているのだ。
38:24 光が放たれるのはどの方向か。東風が地上に送られる道はどこか。
38:25 誰が豪雨に水路を引き/稲妻に道を備え
38:26 まだ人のいなかった大地に/無人であった荒れ野に雨を降らせ
38:27 乾ききったところを潤し/青草の芽がもえ出るようにしたのか。
38:28 雨に父親があるだろうか。誰が露の滴を産ませるのか。
38:29 誰の腹から霰は出てくるのか。天から降る霜は誰が産むのか。
38:30 水は凍って石のようになり/深淵の面は固く閉ざされてしまう。
38:31 すばるの鎖を引き締め/オリオンの綱を緩めることがお前にできるか。
38:32 時がくれば銀河を繰り出し/大熊を子熊と共に導き出すことができるか。
38:33 天の法則を知り/その支配を地上に及ぼす者はお前か。
38:34 お前が雨雲に向かって声をあげれば/洪水がお前を包むだろうか。
38:35 お前が送り出そうとすれば/稲妻が「はい」と答えて出て行くだろうか。
38:36 誰が鴇に知恵を授け/誰が雄鶏に分別を与えたのか。
38:37 誰が知恵をもって雲を数え/天にある水の袋を傾けるのか。
38:38 塵が溶けて形を成し/土くれが一塊となるように。
38:39 お前は雌獅子のために獲物を備え/その子の食欲を満たしてやることができるか。
38:40 雌獅子は茂みに待ち伏せ/その子は隠れがにうずくまっている。
38:41 誰が烏のために餌を置いてやるのか/その雛が神に向かって鳴き/食べ物を求めて迷い出るとき。

  • 新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive