マタイによる福音書25・1〜13

羽犬塚教会

25:1「そこで、天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。

25:2そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。

25:3愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意をしていなかった。

25:4賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壺に油を入れて持っていた。

25:5ところが、花婿の来るのが遅れたので、皆眠気がさして眠り込んでしまった。

25:6真夜中に『花婿だ。迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。

25:7そこで、おとめたちは皆起きて、それぞれのともし火を整えた。

25:8愚かなおとめたちは、賢いおとめたちに言った。『油を分けてください。わたしたちのともし火は消えそうです。』

25:9賢いおとめたちは答えた。『分けてあげるほどはありません。それより、店に行って、自分の分を買って来なさい。』

25:10愚かなおとめたちが買いに行っている間に、花婿が到着して、用意のできている五人は、花婿と一緒に婚宴の席に入り、戸が閉められた。

25:11その後で、ほかのおとめたちも来て、『御主人様、御主人様、開けてください』と言った。

25:12しかし主人は、『はっきり言っておく。わたしはお前たちを知らない』と答えた。

25:13だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」

  • 日本基督教団越谷教会

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive