マタイによる福音書22・1〜14

福島伊達教会

22:1イエスは、また、たとえを用いて語られた。

22:2「天の国は、ある王が王子のために婚宴を催したのに似ている。

22:3王は家来たちを送り、婚宴に招いておいた人々を呼ばせたが、来ようとしなかった。

22:4そこでまた、次のように言って、別の家来たちを使いに出した。『招いておいた人々にこう言いなさい。「食事の用意が整いました。牛や肥えた家畜を屠って、すっかり用意ができています。さあ、婚宴においでください。」』

22:5しかし、人々はそれを無視し、一人は畑に、一人は商売に出かけ、

22:6また、他の人々は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった。

22:7そこで、王は怒り、軍隊を送って、この人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。

22:8そして、家来たちに言った。『婚宴の用意はできているが、招いておいた人々は、ふさわしくなかった。

22:9だから、町の大通りに出て、見かけた者はだれでも婚宴に連れて来なさい。』

22:10そこで、家来たちは通りに出て行き、見かけた人は善人も悪人も皆集めて来たので、婚宴は客でいっぱいになった。

22:11王が客を見ようと入って来ると、婚礼の礼服を着ていない者が一人いた。

22:12王は、『友よ、どうして礼服を着ないでここに入って来たのか』と言った。この者が黙っていると、

22:13王は側近の者たちに言った。『この男の手足を縛って、外の暗闇にほうり出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』

22:14招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。」

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive