ヨブ記6・1〜13

太田八幡教会

6:1ヨブは答えた。

6:2わたしの苦悩を秤にかけ/わたしを滅ぼそうとするものを/すべて天秤に載せるなら

6:3今や、それは海辺の砂よりも重いだろう。わたしは言葉を失うほどだ。

6:4全能者の矢に射抜かれ/わたしの霊はその毒を吸う。神はわたしに対して脅迫の陣を敷かれた。

6:5青草があるのに野ろばが鳴くだろうか。飼葉があるのに牛がうなるだろうか。

6:6味のない物を塩もつけずに食べられようか。玉子の白身に味があろうか。

6:7わたしのパンが汚れたもののようになれば/わたしの魂は触れることを拒むだろう。

6:8神よ、わたしの願いをかなえ/望みのとおりにしてください。

6:9神よ、どうかわたしを打ち砕き/御手を下し、滅ぼしてください。

6:10仮借ない苦痛の中でもだえても/なお、わたしの慰めとなるのは/聖なる方の仰せを覆わなかったということです。

6:11わたしはなお待たなければならないのか。そのためにどんな力があるというのか。なお忍耐しなければならないのか。そうすればどんな終りが待っているのか。

6:12わたしに岩のような力があるというのか。このからだが青銅のようだというのか。

6:13いや、わたしにはもはや助けとなるものはない。力も奪い去られてしまった。

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友

    日毎の糧

    月別アーカイブ

    • Category Archive